アホトピア

細々と人の悪口書いたり、大矢朋哉君を陰ながら応援したりしてます。そのうち、秘密の会員ブログに移行しようかな。

農業分野への活用が・・・。

最近、農業分野への活用が期待される・・・、みたいなフレーズをよく見かけます。しかし、正直なところ、それは現実を知らないというか、言い換えれば、他に活路がないと言えなくもないと思います。 例えば、センサーなどで情報を収集して、ITを活用して、なんて、類のものでうまくいってるものはありません。だって、活用できる人が少ないから。大体、日本の場合一般企業だって情報の活用ができてないのに、もっと、人材のいない、営農組合なんかでは、言わずもがなだろうと思います。

これは、筆者の知っている営農組合だけかもしれませんが、高学歴で農業をやっている人間で、自分の力自慢をしているような人間の基礎学力は大変低いです。テコの原理をインチキだ※とかいうやつもいました。自分は大卒だと自慢してるやつがですよ。物の道理のわからぬ連中です。彼らの世界では、いったもん勝ちです。根拠は無くとも、なんか最初に言えばそれが正しくなる。どれだけめちゃくちゃで被害妄想にしか思えなくとも、そういっているやつがいればそれが正しくなる。ひどい社会です。こんな連中の生息する世界に期待するのは時間の無駄です。お金の無駄です。

もし、農業分野へ活路を見出そうとしているのなら一つだけ正解があります。それは、農業から人間を追い出すような技術であることだろうと思います。ふざけた連中に活用してもらうようなことを期待する技術は、絶対にうまくいきません。人間を排除すること、それこそが農業分野において成功するための必要条件であると思います。

※俺らが気づかないのになぜあいつは気付いたのか?。インチキに違いない。てな言い方をするやつもいたし、ごまかしのためにあのような動作をしていると訳知り顔でいうのもいました。違うでしょ、単にあなた達がアホなだけだと思いますよ。裏を返せば、このような考えをするといことは、自分はすごいと思っていて、他人を見下しているということだと思います。あまり近寄りたくはないですね。下手をすると、自分にわからないことは全部インチキにされてしまいそうです。