読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アホトピア(旧称・思い余った悪口)

disる、disらむ、disりたり、disれ、disろう、なんかメチャクチャ。

リスクヘッジになってない、後日談。

  リスクヘッジと称して、違法な疑いのある条項を雇用契約書の中に盛り込もうとしたが、その違法性を指摘されると、弁護士と相談して採否を決定させてもらうとか言った、富山県高岡市米島にある、金型作ってる会社、株式会社エフ アンド エムの社長、市井。通称リスクヘッジバカナンバーワン。

  この面接を受けられて、非常に不快な思いをされた方に、不採用通知を送りつけてきたらしい。その場でごまかすための口から出まかせかはわからんが、ちゃんと弁護士さんと相談したのだろうか?。相談したら、やはり、違法だったということなのだろうか?。違法なことをしようとして不快な思いをさせた上に、不採用とか言ってくるこの社長の無神経さときたら。一体どこまで人をバカにしたらこんなことができるのやら。呆れて物も言えんな。普通は、詫びの一つくらい入れるもんだと思うが。使い回しの文面に名前だけ手書きといういい加減さも、不快だったそうだ。

  まぁ、当人が、あの返答を聞いた時点で、この会社への就業を希望しないというのを伝え忘れたらしいのだが、普通、これだけ、アホな返答され、それっきり、何も言わないのを見れば、もう、お前のとこで働く意思なんてあるわけないのがわかんないのかな?。やっぱり、あの社長、おかしいわ。