読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大卒くん(4)

  ある人が、パチンコでこれだけ勝ったとメールしたら、「俺は、40万(だったかな?)勝った。」と言ってきた。そこで、ある人が、「どこですか?。今から行きます」とメールしたら、それっきり返事が返ってこなかったらしい。

  ある人が、大卒くんの言う通りに仕事したら、全く出来なかった。ある人曰く、「こいつの言う通りにして、その通りになったことなど一度も無い。全部嘘だった。」とのこと。

  ある人から、大卒くんにだけは気をつけろと言われた。なぜなら、絶対に人に言わないでくれと頼んでも、面白おかしくみんなに触れ回るから。だから、誰もこいつにプライベートのことなど言わない。ただし例外もいた。かわいそうに。

  多分、筆者が思うに、大卒くんは、パーソナリティ障害ではないかと思う。

  自分はなんでも知っていると言う。だが、こいつの知っていることは、こいつしか知らない。自分は特別なんだと思われたいのだろう。

  いつもみんなが帰るまで、事務所にいる。なぜなら、みんなが帰った後、みんなの事を、NO.1、NO.2に密告したいから。さしずめ、自分はNO.3ってとこかな?。だが、影でバカの枢軸と呼ばれていることには気付いていないらしい。

  生卵を食べすぎてサルモネラ菌による食中毒になったと言って仕事を休んだが、たった1日で回復した。本当に食中毒だったのかなぁ?。

  次回はいよいよまとめたいと思う。