アホトピア

細々と人の悪口書いたり、大矢朋哉君を陰ながら応援したりしてます。そのうち、秘密の会員ブログに移行しようかな。

大卒くん(2)

  農業やってるやつです。兼業ではなく、某営農組合に専業で勤めてるやつの話です。 15158145754221のことです。

  今日中に終わる、楽勝。これが口癖です。でもその通りになったことはありません。構想し計画し運営する能力がありません。他でやってることを真似したらうまくいくと思っているようです。典型的なボンボンの発想です。

  自分ちも親戚もみんな金持ちだそうです。だからなのか発想がコスト度外視です。

  「俺のいとこは防大(理系)卒のエリートだ」と自慢してたので、「防大でも、本当のエリートは、文系らしいよ」と言ったら黙ってしまった。どうやら知らなかったらしい。

  そのいとこから、ジェット燃料が、大変高価なことを聞いたと言ったので、「ジェット燃料って、性状が、灯油に近いんじゃなかったかな?」と言ったら、黙ってしまった。どうやら知らなかったらしい。

  中東の外国人から、コンピュータウイルスを買うんだと言ってた。自分で作れるんじゃなかったのかな?。

  スイスに親戚がいるとか、言ってることがスネ夫にそっくり。だが、顔は深海魚かゴリラ。

  自分が担当の果樹について、改善案かなにかを何十ページものレポートにまとめて書いてきたらしい。誰も読まないのに。

  よく、金沢のおかまバーに行ってるらしい。友達が行きたいからと言いはっている。

  ITに長じていること、友達がたくさんいることを、自慢している割には、フェイスブックが寂しい。

  市長との農業青年との懇親会みたいなのに参加したときのこと。市長から、社交辞令で、期待してるとかなんとか言われたらしい。その翌日、「俺は市長から、期待されている」と自慢してた。

  以前筆者が言ったことを、主語を自分に変えて言ってた。あれには、ビックリした。

  大卒くんの給料は、他の職員より結構高い。何故なら、なにも知らない営農の年寄りに、大卒で、こんな給料はないと言って、しつこくつきまとって、あげさせたから。

  権力者に、あの人があんなこと言ってたとか密告してた。だが、その権力者が、落ち目になった途端、手のひらを返して、裏切ったらしい。密告は現在も行っている。

  ある人からの飲み会に、自分が呼ばれていないことに気付いていなかった。そのことを知ったときの態度が、非常に、寂しそうだったのが笑えた。どうやら、嫌われていることも知らなかったらしい。密告なんかするからだ、アホが。

つづく。