読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アホトピア(旧称・思い余った悪口)

disる、disらむ、disりたり、disれ、disろう、なんかメチャクチャ。

竹中平蔵のマトリックス式世渡り法

 上手に世渡りするのってなかなか難しいですよね。でも、この人の方法に学べばあなたも、大臣ぐらいにはなれるかもしれません。もちろん、マトリックス勉強法を実践してもアメリカで博士号を取ることができないのと同様に、アメリカの大学で教授職を得るのはむりですが。
 さて、具体的な例で解説しましょう。例えば、あなたが誰か、目上の方と、お話しするとします。まず、その方の、財力や権力などの項目を調べ、項目の中から選んだ二つの組み合わせについて各々、二次元座標にプロットしてみましょう。もし、グラフで、第一象限に、プロットされることが多い人物であれば、その方の好みを調べ、その方の好きなことだけを言いましょう。間違っても、その方の間違いを指摘してはなりません。すべて肯定しましょう。反対に、第三象限に、プロットされることが多い人物であれば、徹底的にこき下ろしましょう。もし、第一象限な方に反対しているような方なら、第一象限の方の目の前でこき下ろしましょう。第二、第四象限の方は、敵にならないように、適当にあしらっておきましょう。もし、第三象限な方の中に東大卒の方がいらっしゃたら、直接対決は避けましょう。いろいろ理屈をつけて逃げましょう。何しろ知識ではかないませんので。
 いかがでしょうか?。簡単ですよね。早い話が長いものには巻かれろ、あんど、36計逃げるにしかずです。これを実践すればあなたも今日から竹中平蔵のように、あっちへふらふら、こっちへふらふらと縦横無尽に世渡りできる、かもしれません。