読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本式名刺交換のマナーに思うこと。

 以前、ビル・ゲイツ氏が来日した時の模様をテレビで見ていたら、日本のオサーン達とゲイツ氏の名刺交換の様子が映ってた。ゲイツ氏は人差し指と中指の間に名刺を挟んで、気楽な様子で名刺を渡してたけど、我が愛すべき日本のオサーン達は、例の日本(でしか通用しない)式マナーで律儀に、ゲイツ氏の名刺を受け取ってた。自分の名刺を持って、名刺交換の列に並んでたオサーン達の姿が、なんとなぁく慰安所を利用しようと軍票を持って列をついて待っている兵隊さんたちの姿とダブって見えてしまった時、このマナーとは一体何を表現しているのだろうかと思い、同時に悲しく、また、かれらの頭髪よろしく寂しくもなった。ゲイツ氏に日本式のマナーについて自信を持って言える人間が誰もいなかったのだろうか?。日本人に対しては理由もろくに知らないし言えもしないくせにマナーを守れとか言うくせに(サラリーマンが公共の場所でマナーを守っているのを見たことがないが(特に酔っ払うと))、自分たちのマナーを説明して、世界標準に押し上げられるべき素晴らしいものであると言える人間が一人もいないのだろうか?。その割に馬鹿の一つ覚えのようにグローバル、グローバルとのたまうものだからなんとも興ざめしてしまう。

 それにしても、このマナーは誰が始めたんだろう?。それもはっきりしないというなら、迷信と大して変わらない。なんだかお札をありがたがってるみたいな感じだ。お世辞にもカッコがいいとも思えない。さらに言わせて貰えば、あの変なマナーを見てるとポール牧の指ぱっちんにも見えてしまう。くるっと回ってみたら少しはかっこよくなるだろうか?。…ならないだろうな。

 せっかくグローバルというのなら名刺交換のマナーもグローバル化してもらえるとありがたい。どのみち自分たちからは何も発信できずに、アメリカのルールをグローバルと呼んで受け入れるしか能がないのなら、無意味なカッコ悪いマナーはやめてもらいたい。どう見ても、ゲイツ氏のやり方のほうがスマートだ。どうでもいいことばかり大事にするよりははるかにいいだろうが、どうでもいいことぐらいしか、守れないということなのかもしれないな。