アホトピア

細々と人の悪口書いたり、大矢朋哉(仮名?)を陰ながら応援したりしてます。そのうち、秘密の会員ブログに移行しようかな。

大矢朋哉(仮名、37歳?)独身、友達募集中。

北陸の某営農組合でブイブイ言わせている大矢朋哉さん、仮名、37歳独身。大卒で、ばあちゃんの葬式に日銀総裁が来て、実家は大きな米屋で、御殿のようなおうちで、軽トラが十何台もあって、北陸の某営農組合のコメ販売担当役員で、いとこは防大卒のエリートで、弟はハッカーでFBIに追われてて電通の社員で、この営農組合に来て、一年目でここの営農組合が受託している田んぼの場所と持ち主を覚えたとか、大会社の社長の娘とお見合いするとか、誰も聞いてないのに自慢してくるような大矢さん仮名37歳、独身。そんな大矢さんの友達になってくれる人を大募集。なにしろ大矢さん仮名37歳独身が友達だと言っている方は、

 

友達になった覚えなんかない。こいつの言っていることは全部違う。俺のことをなんでも知ってるとか抜かして嘘八百言いふらしやがって、おまけに他人から聞いた話に、めちゃくちゃな尾ひれをつけてんじゃねぇよ、バカが。そんな話をよくも俺から聞いたなんて言えるな、ゲス野郎が!!。頭おかしいんなら精神科行って治療受けろや!!。パーソナリティ障害野郎。アナルフィストマニアのkrmくぅーんに掘ってもらってよがってろ、気持ち悪い顔しやがって。てめえの顔見ると、ヘドが出るわ。ブログに飯かきこんでるブサイクな顔晒してんじゃねぇ。あー不味そう。あれほんとは、蛆虫なんじゃね?。お前なら蛆虫食っても大丈夫だよな。生卵食い過ぎてサルモネラ菌に感染しても、1日で治るもんな。嘘つくんならもっとマシな嘘つけや。

と、大変ご立腹で、大変迷惑されてます。そこで、そんな大矢さんのために我こそはと思う方、ぜひ友達になってあげてください。

 

いるわけないだろうけど。

違いがわかりません。

選挙カーと右翼の街宣車。どこが違うんですか?。

ラスボス。

北陸の某営農組合でブイブイ言わせている、大矢朋哉さん、(仮名、37歳?)。そんな大矢朋哉さんを役員にした、最後の大物組合長。ついに彼のことを話す時が来たようだ。

 

彼、そう、仮にヅラザキハゲキ氏と呼ぼう。そんな彼の頭は、ヅラである。その筋の専門家によれば、あの生え際はあり得ないとのこと。かなり確度が高い情報である。地元の人たちはみんな知っているらしいが、なぜか、家族は知らないんだとか。すなわち彼は、家族を欺いているのである。髪の毛詐称をしているのである。なんと罪深いことだろう。

 

そんな罪深い彼のさらなるヘタレっぷりを書かねばなるまい。彼は、職務上知り得た秘密、例えば個人の情報を、誰とは言わないが、北陸の某営農組合で現在役員している人間にペラペラ喋っていたのである。この、現在北陸の某営農組合のコメ販売担当役員は、人のプライベートな話を聞いたら、言わないでくれと頼んだにもかかわらず、面白おかしく触れ回るような人間である。おまけに担当していた桃が赤字が免れなくなったら突然盗まれたとか騒ぎ出したり、とんでもない奴で、大矢朋哉さんの爪の垢で煎じて飲ませてやりたい奴である。こんな人間に個人の情報を喋るとは一体どういう考えなのか?。しかも、この北陸の某営農組合の役員は、正確に言わずに脚色して、本来と全く異なる話に仕立て上げる才能に恵まれた人間である。しかも、他人から聞いたにもかかわらず本人から聞いたとぬかすようなやつである。こんな人間に喋るようなやつだ。全くなんの考えもないどころか目が節穴でしかないのだが、俺の目はごまかせんとかいうようなハゲである。

 

さらに書こう。赤字続きの桃を、五カ年計画と称して、自分の直轄とし、テコ入れを図ろうとしたのだが、こいつは何をしただろう?。何もしなかった。初年度から大赤字を出したのだ。そしてその原因を名古屋の米屋の坊ちゃんが言うように盗まれたからだということにして、電気柵に監視カメラまでつけたが結局赤字から脱却することはできなかった。現在、ここの桃の生産は終わりを迎えた。しかも、比較的いい桃が取れる桃園は全部木を切り倒して、うまくいっていなかった、面積だけでかい桃園を何も知らない他の企業に譲渡して栽培させたりするという詐欺まがいのことまでやったのだ。

 

これだけのヘタレっぷり。なるほど、なんの実績も残せなかった名古屋の米屋の坊ちゃんを、コメ販売担当役員に昇格させたりするわけだ。そしてこの背後には他でもない、農協がいるのである。間違っても、営農組合にだけは就職してはならないとはよくいったものだ。

大矢朋哉(仮名、37歳?)さんにそそのかされた人がこういった。

北陸の某営農組合でブイブイ言わせている大矢朋哉さん(仮名、37歳?)。そんな大矢さんにそそのかされた人、ある女性職員がこういったそうです。さる関係筋が、昔いた職場に名古屋大学出身の人がいた話をしたら、「本当に出ているかどうかインターネットで調べたのか?。」、と言われたそうです。その人は、

え?。なぜインターネット?。

と聞いたら、なんでも、ある人がインターネットに出ていたからと答えたそうです。いや、インターネットに出ている人もいるけどみんな出ているわけじゃないし、個人情報保護がやかましく言われてるご時世に、大学などが卒業生名簿とかをインターネット上に晒すか?、と言うごく普通の疑問すら彼女は抱かないのか?。あんたの個人情報だってでてないだろうに、とさる関係筋は思ったそうです。

それにしても、なんと言う情報リテラシーの低さでしょう。この営農組合のレベルがわかるエピソードですね。だから、大矢さんが役員になれたんですね。ちなみに、この人、インターネットで相手を探して結婚して、やめたそうです。ま、プライドばかり高くて役に立たない人だったそうですが、大矢さんよりはマシかもしれませんがね。

大矢朋哉(仮名?)くんの野望

北陸の某営農組合でブイブイ言わせている大矢朋哉(仮名、37歳?)くんは、なんでもコンピュータウイルスが作れるんだとか。本人がそう言うのだから、多分、そう思い込んでいるのだろう。そんな彼の野望は、なんと、スマホにこっそりアプリをインストールして、悪事を働く人間の写真を撮影して、送信してくれるようなアプリを開発して、警備会社に売りつけたいらしい。さる関係筋が、そう聞いたらしい。そんな、セキュリティホールを突くようなアプリを公の市場で売れるのか?、と言う疑問が浮かぶし、企業に売り付けるにしても、セキュリティホールが存在することを黙っていたなんてことが公になったら企業イメージが悪くなりかねない。それ以前にどうしたらそれが実現できるかもわかっていなかったらしい。明らかにセキュリティホールを突くようなアプリなのだが、多分、こいつが見ているのは、24とかじゃないかと言うのが伺える話だ。おそらく、テレビでやっていたから、自分でもそれができるんじゃないかと思ったのか、あるいは、自分がそう言う方面に詳しいと言うことを示したかったのか、理由は定かではないが、はっきりしているのは、ロクデモナイ目的を持っていたことだけは確かだろう。いきなりそんな話を聞かされた関係筋は、俺に聞くより、セキュニアでも見りゃいいのにと思ったそうだ。多分知らないし、セキュリティホールを探すスキルもないのだろうから仕方がないのだろうが、つまらん野望であることだけは確かだ。なぜ、ブラック農事組合法人の役員になれたかわかるエピソードではあるが。

流れるプール

地元の県営プールには、流れるプールがない。レーンがいくつかに区切られていて、みんな、そのレーンを行ったり来たりするだけである。

先日、プールで泳いでいたら、水中ウオーキングか何かの、時間と重なってしまった。インストラクターの先生の指示に従って、何人かのマダムたちが、動き出した。巻き起こる水流。波立つ水面。その余波は、レーンを超えて、筆者たちに容赦なく襲いかかって来る。まさに、流れるプールである。

いつもなら、難なく泳げるのに、なかなか前に進まない。普段より多くのエネルギーを消費し、ようやく泳ぎ切った時、筆者のこころに沸き起こったのは、闘志以外のなにものでもなかった。負けてなるものか。マダムたちの巻き起こすフォースに立ち向かわなければならない。これこそが、私の運命なのだ。全力を尽くし、力を振り絞って泳いだ。襲いかかる水流に抗い続け、そしてついに、

疲れた。

知人の隣人、もう一方の人たち。

これまで、高岡市役所職員をしている知人の隣人をこき下ろして来た。しかし、ついに、もう片方の隣人の息子について語る時が来たようだ。

この息子、子供の時から勉強ばかりして来たのか親が言うからさせられて来たのかわからないが、まぁ、事あるごとに、お父さんが言うた、お母さんが言うた、と言う人間である。すなわち自分の考えがないのである。まぁ、とにかく勉強ばかりして来たのだが、家族が言うには、

本当は高岡高校という市内でトップの高校に行けたのだが、

と言う話だった。それなら行けよと言いたくなるが、なぜ行かなかったのかは語られたことがない。そして、高校時代、北大を目指していたらしいが、結局地元の富山医科薬科大学の薬学部に落ち着いた。しかも、一般入試ではなく推薦である。推薦をもらうために、生徒会の活動とかしていたらしい。狙っていた北大はどうなったのであろうか?。

まぁ、薬学部なら、就職もいいだろうが、なぜか、

教授の面子に関わるような就職先しかなかった

らしい。それで、大学に残してもらったらしいのだが、教授の面子に関わるような就職しかできない人がなぜ大学に残れたのだろうか?。医療系の大学にまつわる賄賂話には事欠かないが、近所の人たちの間には、大金を教授に払ったと言う噂がまことしやかに流れている。逆に言えば、教授の面子がなんて言うようだから、相当苦労して取り入ったのだろう。かわいそうに。そんなことで果たして、独立した研究者としてやっていけるのだろうか?。まぁ、研究者として残っているのか、大学病院に薬剤師として残っているのかは知らないが。

知らぬは親とその友達ばかりなり。